哲学の本

中国哲学のベースにある特徴とは何か?

森三樹三郎の『中国思想史』(レグルス文庫)を参考にしつつ、3つのポイントに着目しつつ整理してみたいと思います。

中国哲学3つのポイント、それは以下の通り。

・天 ...

雑記ゲーム

モンスターハンターRise(以下ライズと表記)の体験版をプレイしてみました。

基本的にはモンスターハンターワールドの仕様を引き継いでいます。

アイテムのショートカットとか敵へのR3押し込みロックオンもできる。モ ...

まとめ記事, 文学の本ドストエフスキー

世界最大の小説家のひとりドストエフスキー。

他の文学者や思想家が彼に関して論じた書籍もまた星の数ほど出版されています。伝記、評論、アカデミックな研究書、などなど。

ドストエフスキーの世界をより深く味わいたいのな ...

雑記ゲーム

モンハンライズに備えて、今更スイッチを購入しました。今はPSにも特にやりたいソフトがないし、つなぎとしてスマブラをやってみるかと思いソフトも購入。

僕は一応64世代なのですが、スマブラはやったことなかったんですよね(マリオ ...

読書

アウトプットによって、読書の効果が劇的に上がる。これはもはや周知の事実といってもいいでしょう。

たとえば樺沢紫苑のベストセラー『アウトプット大全』は、自己成長はインプットの量ではなくアウトプットの量に比例すると指摘し、イン ...

哲学の本, 理数系の本

戸田山和久の『科学哲学の冒険』を読了。

たしか発売直後に買って、それからずーっと積ん読だった本。

最近サイエンス系の啓蒙書を読んでいたので、この流れで崩してしまおうと思い読みました。

先生と学生ふた ...

まとめ記事, 哲学の本, 文学の本, 歴史の本, 理数系の本, 社会科学の本ドストエフスキー, ヘーゲル, 柄谷行人

ちくま学芸文庫といえば、哲学から社会科学、はては数学や自然科学にいたるまで様々な名作を文庫化してくれる、仏のようなシリーズ。

現代に近い作品ラインアップでは、岩波文庫を質量ともに大きく凌駕しているといっても過言ではないでし ...

理数系の本

「科学の歴史をざっくり網羅的に理解したい」

このような要求に応えてくれる最良の本が、ビル・ブライソンの『人類が知っていることすべての短い歴史』(新潮文庫)です。

ビル・ブライソンは紀行記で有名なイギリスの売れっ ...

まとめ記事, 哲学の本, 宗教の本, 文学の本, 歴史の本, 社会科学の本キリスト教, ディケンズ, ハイデガー, 仏教

今ではそこらじゅうで見かける文庫という形態。

これを日本で最初に実現したのが岩波文庫です。ちなみにモデルはドイツのレクラム文庫。

背表紙の色によって次のように種類がわかれています。

・青 哲学などの ...

社会科学の本経済

シュンペーターといえば創造的破壊(イノベーション)が資本主義のコアにあると指摘したことで知られる超大物経済学者。

伊東光晴・根井雅弘『シュンペーター』(岩波新書)は、そのシュンペーターを解説した貴重な入門書です。かれこれ1 ...