社会科学の本

ここ十数年、経済学への風当たりが日増しに強くなっています。

主流派経済学が現実をうまく説明できず、効果的な対策も打てていないからですね(とくに日本では)。

2008年の金融危機以降は、主流派の大物経済学者による ...

社会科学の本

社会学者の盛山和夫が、現代リベラリズムについて解説した良書『リベラリズムとは何か ロールズと正義の論理』。

「リベラリズムという言葉をよく耳にするけれども、漠然としたイメージしか湧かず、その言葉のしっかりした意味は実はよく ...

宗教の本, 社会科学の本

エミール・デュルケムは19世紀フランスの社会学者。

社会学という学問を成立させた創始者のひとりであり、ドイツのマックス・ウェーバーとならび理論社会学の二枚看板と呼ばれることもあります。

ウェーバーが個人の内面活 ...

宗教の本, 社会科学の本

宗教を学問するのが、宗教学。宗教そのものとは違い、宗教の内部にとどまる神学とも違う。あくまで近代の科学的アプローチで宗教を研究するいとなみです。

宗教そのものの代わりにはなりませんが、宗教への理解を深めるには、宗教学の知見 ...

歴史の本, 社会科学の本ヘーゲル

「市民社会という概念についてわかりやすく説明してください」

こう問われて答えられる人はほぼいないはずです(私には無理)。これが無理難題になるほどの複雑な歴史と、奥深い意味合いをこの概念は秘めているからです。

こ ...

まとめ記事, 社会科学の本

社会学で読んでおくべき本はどれなのでしょうか?

僕が小説以外の本を読み始めたとき、最初に興味をもったのは社会学でした(今は哲学とか宗教みたいなのばかり読んでますが)。それ以来、このジャンルはかなりの冊数を読んだと思います。 ...

社会科学の本

なぜ友人関係はこんなに大変で疲れるのか?どんな距離感覚で接するのが正解なのか?

こうした若い世代からの問いかけに一つの指針を与えたベストセラーが『友だち幻想』(ちくまプリマー新書)です。著者は社会学者の菅野仁。ジンメルの研 ...

まとめ記事, 哲学の本, 文学の本, 歴史の本, 社会科学の本

講談社学術文庫といえば岩波文庫、ちくま学芸文庫と並ぶ3大学術系文庫のひとつ(僕が勝手にそう呼んでいるだけですが)。良書がわんさかあります。

どれを読むべきか?以下、僕が読んだことのある良書のなかから、特におすすめの10冊を ...

哲学の本, 歴史の本, 社会科学の本柄谷行人

柄谷行人の『憲法の無意識』(岩波新書)を読みました。

憲法9条は外部から強制的に与えられた、だからこそそれは日本人の精神の深くに定着したのだ。

このような逆説的な事態を、フロイトの精神分析理論を援用して解説した ...

社会科学の本

『社会学はどこから来てどこへ行くのか』を読んでみました。

岸政彦と北田暁大のふたりを中心に、4人の社会学者たちが対談を繰り広げる本です。

リンク

何を話しているのか?おもに社会学のアイデンティティについてです。