まとめ記事, 社会科学の本

社会学で読んでおくべき本はどれか?

僕が読んだことのある本のなかから、古今東西の名作を紹介したいと思います。

社会学に関心のある人は参考にしてみてください。

『社会学はどこから来てどこへ行くのか』リンク

社会科学の本

なぜ友人関係はこんなに大変で疲れるのか?どんな距離感覚で接するのが正解なのか?

こうした若い世代からの問いかけに一つの指針を与えたベストセラーが『友だち幻想』(ちくまプリマー新書)です。著者は社会学者の菅野仁。ジンメルの研 ...

まとめ記事, 哲学の本, 文学の本, 歴史の本, 社会科学の本

講談社学術文庫といえば岩波文庫、ちくま学芸文庫と並ぶ3大学術系文庫のひとつ(僕が勝手にそう呼んでいるだけですが)。良書がわんさかあります。

どれを読むべきか?以下、僕が読んだことのある良書のなかから、特におすすめの10冊を ...

哲学の本, 歴史の本, 社会科学の本柄谷行人

柄谷行人の『憲法の無意識』(岩波新書)を読みました。

憲法9条は外部から強制的に与えられた、だからこそそれは日本人の精神の深くに定着したのだ。

このような逆説的な事態を、フロイトの精神分析理論を援用して解説した ...

社会科学の本

『社会学はどこから来てどこへ行くのか』を読んでみました。

岸政彦と北田暁大のふたりを中心に、4人の社会学者たちが対談を繰り広げる本です。

リンク

何を話しているのか?おもに社会学のアイデンティティについてです。

まとめ記事, 哲学の本, 文学の本, 歴史の本, 理数系の本, 社会科学の本ドストエフスキー, ヘーゲル, 柄谷行人

ちくま学芸文庫といえば、哲学から社会科学、はては数学や自然科学にいたるまで様々な名作を文庫化してくれる、仏のようなシリーズ。

現代に近い作品ラインアップでは、岩波文庫を質量ともに大きく凌駕しているといっても過言ではないでし ...

まとめ記事, 哲学の本, 宗教の本, 文学の本, 歴史の本, 社会科学の本キリスト教, ディケンズ, ハイデガー, 仏教

今ではそこらじゅうで見かける文庫という形態。

これを日本で最初に実現したのが岩波文庫です。ちなみにモデルはドイツのレクラム文庫。

背表紙の色によって次のように種類がわかれています。

・青 哲学などの ...

社会科学の本

岩波新書の『シュンペーター』を読みました。かれこれ15年近く積ん読されていた本。

このあいだ読んだ宇野重規の『民主主義とは何か』(講談社現代新書)でシュンペーターの民主主義論が紹介されていて、そこでシュンペーターの思想に興 ...

まとめ記事, 哲学の本, 歴史の本, 社会科学の本ウィトゲンシュタイン, ハイデガー

文庫なのか新書なのかわからない微妙なサイズ。ラインナップはややマニアックながらも非常に充実。それが平凡社ライブラリーです。

2014年あたりから紙質が変わり、本の重量が軽くなりました。以前はずっしりと重かったのですが、今の ...

社会科学の本

イアン・ブレマーの『Gゼロ後の世界 主導国なき時代の勝者はだれか』を今更ながら読んでみました。

2011年の本ですが今でもぜんぜん有効。現在の国際社会の置かれた文脈を完璧につかむことができます。もっと早く読んでおけばよかっ ...