まとめ記事, 文学の本シェイクスピア

演劇の脚本を元にした文芸作品のことを戯曲といいます。シェイクスピアが一番有名でしょうか。

キャラクターの台詞だけで物語が進行するため、テンポがよく、小説よりも読みやすかったりします。僕は小説とあんまり相性のよくない人間なん ...

まとめ記事, 文学の本柄谷行人

小林秀雄といえば、近代以降の日本で最大の批評家。

日本の文芸評論を確立したのはこの人です。そしていまだにその作品が読みつがれています。

以下、小林秀雄に興味があるという人向けに、読みやすい良作を紹介したいと思い ...

文学の本

吉田健一といえば20世紀の日本を代表する文芸批評家のひとり。ちなみに健一の父は第45代内閣総理大臣の吉田茂。

その吉田健一のデビュー作が『英国の文学』(岩波文庫)でした。

14世紀のチョーサーから20世紀初頭ま ...

文学の本ドストエフスキー

シベリアでの死刑をすんでのところで免れたドストエフスキー。監獄から解放された彼は、10年の遅れを取り戻そうと、怒涛の勢いで創作活動を再開します。

そうして執筆が進められたのが、『死の家の記録』と『虐げられた人びと』でした。 ...

文学の本ドストエフスキー

『貧しき人々』で鮮烈なデビューを果たし、文壇の寵児となったドストエフスキー。彼が自信満々で世に送り出した2作目が『二重人格』です。

岩波文庫版で十数年ぶりに再読してみました。これが2周目です。

リンク

主人公ゴリ ...

文学の本ディケンズ

19世紀イギリスを代表する文豪ディケンズの自伝的作品『デイヴィッド・コパフィールド』。モームが世界十大小説のひとつに数える作品でもあります。

僕は最初に岩波文庫版で読み、とんでもなく面白かったのですぐに原書で2周目に突入し ...

文学の本

ミルトンの『失楽園』(パラダイスロスト)。英国においてシェイクスピアと双璧をなすともいわれる詩人の最高傑作です。英文学を代表する一作でもあります。

反逆の大天使サタンと神との戦い、そしてその帰結としてのアダムとイブの楽園追 ...

まとめ記事, 哲学の本, 文学の本, 歴史の本, 社会科学の本

講談社学術文庫といえば岩波文庫、ちくま学芸文庫と並ぶ3大学術系文庫のひとつ(僕が勝手にそう呼んでいるだけですが)。良書がわんさかあります。

どれを読むべきか?以下、僕が読んだことのある良書のなかから、特におすすめの10冊を ...

文学の本

西暦2000年、ロンドンのTimes紙が、「過去1000年間の最高傑作はなにか」というアンケートを文芸批評家に問うたことがありました。

結果、ダンテの『神曲』が1位に選ばれました。日本人からすると正直あまりピンとこないとこ ...

まとめ記事, 哲学の本, 文学の本, 理数系の本

日本では「文庫」という本の形態が当たり前のように普及しています。これをもっとも古くから実現していたのが新潮社の新潮文庫です(実は岩波より早い)。

とくに文学系のラインナップでは他社を圧倒しており、哲学系に興味のある人間が岩 ...