文学の本洋書

ホーソーンのThe Scarlet Letter(緋文字)を読みました。

2年くらい前に岩波文庫バージョンで読んでいるので、これが2周目。

リンク

 

文章はめちゃくちゃむずかしいですね。先 ...

英語学習まとめ記事, 洋書

ぼくが洋書を読みはじめたのは2009年の夏でした。

それから今までに読んだ洋書は250冊くらい。ジャンルは小説、伝記、哲学、経済、政治、自己啓発書などさまざまです。

この記事では、洋書を読みはじめた過去の自分に ...

社会科学の本洋書

エリン・メイヤーのThe Culture Map(邦題は『異文化理解力』)を読みました。評判通りの面白さでしたよ。

文化ごとの慣習の違いを浮き彫りにし、それを理解した上で、異なる文化圏に属する人たちとどう接したらいいのかを ...

文学の本洋書

サリンジャーのThe Catcher in the Rye(ライ麦畑でつかまえて)を読みました。

主人公は17歳の少年ホールデン。彼が学校を退学処分となり、家へ帰るという筋書きです。

ホールデンのパーソナリティ ...

文学の本洋書

The Remains of the Day(邦題は『日の名残り』)を読みました。ノーベル文学賞作家カズオ・イシグロの代表作の一つです。

正直70ページぐらいまでは苦行に等しかったですね。

まず文章が話に聞いて ...

文学の本洋書

ジェイン・オースティン6大小説の一角『分別と多感』。

オースティンの作品のなかではあまり目立たないほうかもしれませんが、読んでみたら普通に面白かったです。ちなみにいきなり原著で読みました。

買ったのは『高慢と偏 ...

社会科学の本まとめ記事, 洋書

「英語で経済系の本を読めば経済の知識を身につけつつ英語の勉強にもなって一石二鳥なのでは?でもどんな本があるのかよくわからない…」

こんな疑問にお答えすべく、おすすめの経済系洋書を紹介します。

僕はこれまで30冊 ...

文学の本洋書

アメリカ文学を代表する存在といえば、マーク・トウェインのハックルベリー・フィン。

名前しか聞いたことがありませんでしたが、今回初めて読みました。しかもいきなり原書で挑戦。

先日『トム・ソーヤーの冒険』を読んだら ...

英語学習洋書

英語の上達には多読が効果的。達人や上級者は口を揃えてこういいますよね。

でも多読って具体的にはどのくらいの量なのでしょうか?

英語の達人として知られる斎藤兆史は、語学関連のプロを目指すなら1日30ページを、別に ...

宗教の本洋書

現代の伝道師エックハルト・トール。

彼のデビュー作がこのThe Power of Nowです。

リンク

身近にいる少数の読者のために書かれた本でしたが、時間が経つとともにあれよあれよと売れ始め、世界中でベストセラ ...