哲学の本

東浩紀の『テーマパーク化する地球』を読みました。

震災以降に発表されたエッセイやインタビューなどをまとめた本です。こういう企画は入門書として読めるから好き。

リンク

とくにおもしろかったのは以下の4本ですかね。

哲学の本カント, ハイデガー, ヘーゲル

難しすぎる哲学書で打線を組んでみました。僕が読んだことのある本だけが候補です。

ついでに言っておくと、ハイデガーの『存在と時間』は入っていません。つまり、スタメンに抜擢されている哲学書はすべてハイデガーより難しいと考えてオ ...

哲学の本

松本卓也の『創造と狂気の歴史プラトンからドゥルーズまで』(講談社選書メチエ)を読みました。

西洋哲学史において「創造と狂気」がどのように取り扱われてきたか、それを追跡していく論考です。

西洋哲学の偉人たちがどの ...

哲学の本柄谷行人

柄谷行人でおすすめしたい本に、『ダイアローグ』シリーズがあります。柄谷が過去に行った対談を集めた本で、第三文明社から発売されていたもの。

全部で5巻あります(僕がもっているのは第4巻まで)。

僕は作家や学者の対 ...

哲学の本柄谷行人

柄谷行人の『差異としての場所』(講談社学術文庫)を読みました。

『隠喩としての建築』と『批評とポストモダン』を合成した本です。残念ながら現在では絶版になっている模様。

リンク

僕は『隠喩としての建築』はもっている ...

哲学の本ハイデガー

20世紀最大の哲学者といわれるマルティン・ハイデガー。彼の主著といえば『存在と時間』。邦訳が何種類も出ています。

しかしハイデガーという稀代の書き手を『存在と時間』だけで済ませてしまうのはもったいない。彼には面白い作品がほ ...

哲学の本ハイデガー

ノルウェーの哲学者ラース・スヴェンセンが書いた『退屈の小さな哲学』(集英社新書)を読みました。

リンク

國分功一郎の『暇と退屈の倫理学』でも取り上げられていた本ですね。僕はそこで興味をもちました。

現在では手に入 ...

哲学の本

山川偉也の『古代ギリシアの思想』(講談社学術文庫)をようやく読みました。かれこれ10年くらいは積読されていたんじゃないだろうか?

バートランド・ラッセルのThe History of Western Philosophyを ...

哲学の本

バートランド・ラッセルのThe History of Western Philosophyを、1日あたり4ページのペースでちびちびと再読しています。

やっぱり抜群におもしろい。最近僕のなかで哲学熱が再燃しているのは、この本 ...

哲学の本ヘーゲル

西洋哲学の最難関といわれる哲学者が、19世紀ドイツのヘーゲルです。

実際彼のテクストは常軌を逸しており、その難解さはたとえばハイデガーなどとは比べ物になりません。

僕はヘーゲルの『精神現象学』をまともに通読でき ...