哲学の本, 宗教の本, 洋書仏教

日本の知識人のなかで、海外でもっとも大きな影響力をもつ人は誰でしょうか?哲学者や科学者、文学者までひっくるめて、誰が最大の精神的影響を与えたか?

正解は、鈴木大拙です。

鈴木大拙は戦前日本を代表する仏教者。彼は ...

哲学の本柄谷行人

講談社文芸文庫はこれまで、柄谷行人の対談集をいくつか出しています。蓮實重彦との全対話と、中上健次との全対話ですね。

今回新たに発売されたのがこの『柄谷行人 浅田彰 全対話』。柄谷行人と浅田彰が行った対談を収録した本です。1 ...

まとめ記事, 哲学の本ハイデガー

新書という形態は当たり外れの差が激しくて、実は買うのに勇気がいる本だったりします。

当たれば抜群のコストパフォーマンスを発揮してくれますが、その当たりを引くのがけっこうむずかしい。

それでも哲学系の新書は当たり ...

まとめ記事, 哲学の本ハイデガー

20世紀を代表する哲学者ハイデガー。彼の思想を理解するのは、実はそこまで難しくありません。

「最難関の哲学者だ」みたいなイメージが流布していますが、そうでもないのです。

カントやヘーゲル、あるいはドゥルーズやデ ...

哲学の本ハイデガー, ヘーゲル

19世紀ドイツの天才哲学者シェリング。

ヘーゲルやヘルダーリンと学友だった彼は、ドイツ観念論の代表者であるばかりか、実存主義の隠れた震源とも言われます。

若きキルケゴールはシェリングの講義に出席していました。

哲学の本ヘーゲル

社会学の祖はだれか?

マルクスだとかデュルケームだとかウェーバーだとかの名前がよく挙がりますが、実はヘーゲルだという説もあります。

国家と社会を明確に区別し、社会を単独で論じた初めての思想家がヘーゲルだからです ...

哲学の本, 文学の本カント, ドストエフスキー

ゴロソフケルの『ドストエフスキーとカント』(みすず書房)を読みました。

カントの『純粋理性批判』をカギにして『カラマーゾフの兄弟』を読み解くこころみ。けっこう有名な論考らしい。

リンク

 

...

哲学の本

岩田靖夫といえば古代ギリシア哲学を専門とする大学者。

彼が若い読者のために書き下ろした贅沢な新書が、この『ヨーロッパ思想史』(岩波ジュニア新書)です。

ものすごく評価の高い新書ですが、十数年前に買ったっきりで読 ...

哲学の本

僕は哲学初心者のひとにいつも木田元の『反哲学史』をおすすめします。しかしその次に読むべき中級者向けの哲学史はなにかと聞かれると、なかなかコレというものが思い浮かばないんですよね。

今回読んだ新田義弘『哲学の歴史』(講談社現 ...

哲学の本, 宗教の本, 文学の本

司馬遼太郎の『十六の話』(中公文庫)を読みました。

エッセイを集めた本。16本の文章が収録されているから「十六の話」というわけです。

リンク井筒俊彦との対談が面白い

本書の白眉は、巻末にお