哲学の本, 宗教の本

バートランド・ラッセルいわく、ヒュームは哲学におけるひとつのデッドエンド(到達点・行き止まり)ということです。

ロックやバークリーの経験論を行き着くところまで行き着かせ、それを内側から爆破してしまった思想家。その極端な懐疑 ...

まとめ記事, 哲学の本, 宗教の本, 歴史の本, 社会科学の本カント, ハイデガー, 仏教

今日ではあらゆる出版社が新書を出しています。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるみたいなノリになっているといってもいいほどです。

全体的なクオリティの低下が懸念されていますが、信頼できるエース格もいくつか存在します。そのエース級の一 ...

まとめ記事, 哲学の本, 宗教の本, 文学の本, 歴史の本, 理数系の本, 社会科学の本

日本ではどこの本屋に行っても新書が置いてあります。

この新書という形態。これを始めたのは岩波新書でした。1938年のことです。

以来、岩波新書は数多くの名著を世に放ってきました。

この記事では無数の ...

哲学の本

17世紀を代表する哲学者のひとりスピノザ。存在するすべてが神であるとする汎神論で有名な、オランダの思想家です。

そこまでメジャーな哲学者ではないため、彼の哲学をわかりやすく紹介した本は少ないのが実情。

貴重な例 ...

哲学の本柄谷行人

現代日本を代表する思想家、柄谷行人。

現代日本を代表するというより、日本という土地にはぐれメタルのように生息する希少種ないし特殊個体と捉えたほうが適切かもしれません。

その柄谷が語る古代ギリシア哲学史がこの『哲 ...

哲学の本

スピノザの主著といえば『エチカ』。

そして『エチカ』への導入となる重要な本がこの『知性改善論』(岩波文庫)です。

全体で120ページ、本文だけならおよそ80ページの小ぶりな書。

リンク

本書は次の有名 ...

哲学の本

哲学には心身問題とよばれる問題があります。心と身体がいかに影響を及ぼし合っているかを考えるのが、その内容。

これはデカルトの思想から意図せずに発生した問題で、その後の哲学者を悩ませ続けました。

なぜ心身問題は発 ...

哲学の本

ライプニッツといえば最後の万能人と呼ばれ、大天才として知られています。

ライプニッツの業績でいちばん僕たちに馴染み深いのは、数学の微分積分ですかね。あれを発明したのはライプニッツです。

厳密にはニュートンのほう ...

哲学の本, 歴史の本柄谷行人

柄谷行人の『帝国の構造』(青土社)を読みました。

久々に柄谷行人の頭の良さが炸裂している気がしました。『トランスクリティーク』以降の仕事では、この独特の切れ味があまり見られなかった印象があるんですよね。本作ではそれが復活し ...

まとめ記事, 哲学の本, 宗教の本, 文学の本, 洋書, 理数系の本ディケンズ

初級編と中級編に続き、上級者向けの洋書を紹介していきます。

このレベルになると多読の一環としてガンガン読んでいくことはなかなか難しいと思いますね。

精読のテキストとして使うか、先に日本語バージョンを読んでおくか ...