哲学の本, 文学の本柄谷行人

小林秀雄と柄谷行人は真逆の思想家だ。

以前はこう思っていました。

エモーショナルなシステムに自閉する小林と、自閉したシステムの外部をつねに志向する柄谷、というふうに。

しかし小林秀雄の『考えるヒント ...

哲学の本

アメリカ哲学の原点はどこか?

その一つはウィリアム・ジェイムズのプラグマティズムにあると言われています。実際、アメリカの思想家でジェイムズからまったく影響を受けていない人物はまずいないでしょう。

プラグマティズ ...

哲学の本カント, ヘーゲル

カント研究界を代表する碩学・岩崎武雄。

その岩崎が一般読者むけにドイツ観念論を解説した本がこの『カントからヘーゲルへ』です。

リンク

取り上げられるのはカント、フィヒテ、シェリング、ヘーゲルの4名。ドイツ観念論に ...

哲学の本

ニーチェほど体系的な解説を拒む思想家もめずらしいです。

ニーチェの著作は短い断章を書き連ねるアフォリズム形式を採用することで有名です。ある時はこう言ったかと思うと、またある時にはそれと矛盾したことを言い出す。

...

哲学の本

千年にひとりの天才ともいわれるライプニッツ(たしか坂部恵の発言)。微分積分を発明した数学者としても有名です。

そしてライプニッツの哲学的アイデアを封じ込めた断片が『モナドロジー』と呼ばれる作品。

リンク

2019 ...

哲学の本

日本のみならず広く東洋哲学をも代表する巨人・井筒俊彦。

おもしろいことに井筒は終生、フランスの哲学者ジャック・デリダに関心を寄せていたといいます。

井筒のデリダ論を収録したのがこの『意味の深みへ』。2019年の ...

哲学の本, 宗教の本キリスト教

山本芳久の『トマス・アクィナス 理性と神秘』(岩波新書)を読みました。

非常に高い評価を得ている本で、新書という形態ながら2018年のサントリー学芸賞を受賞しています。

リンク

トマス・アクィナスといえばヨーロッ ...

哲学の本ハイデガー

國分功一郎のベストセラー『暇と退屈の倫理学』。

人間は暇や退屈とどう向き合って生きるべきなのか?

これが本書のテーマです。

本書は「倫理学」ですから「~すべき」という主張が出てきます。これがたとえば「退屈 ...

哲学の本, 歴史の本柄谷行人

柄谷行人の『世界史の実験』(岩波新書)を読みました。

柄谷は戦後日本を代表する文芸批評家ないし思想家で、アメリカやアジアにも多数の読者をもっています。

リンク

本書の内容は柳田国男の再検討。

意外なこ ...