『中学版 速読英単語』瞬間英作文には中学生用のテキストが最適

2021年1月29日

『中学版 速読英単語』(Z会)をひと通り終えました。

なぜ中学生用のテキストを今更やるのか?瞬間英作文のテキストとして使うためです。

瞬間英作文は森沢洋介が考案したトレーニング法。かんたんな英文を瞬間的に英作文することで、英語アウトプット回路を育てることが目的です。

森沢のテキストを含め、短文の瞬間英作文ならある程度できるようになったので、長文で瞬間英作文してみようと思ったんですね。

 

で、長文のテキストを探してたどりついたのがこれ。Z会から出ている「速読英単語」シリーズの中学生版です。

 

このシリーズに中学生版があったとはじめて知りました。

序盤が中学1年レベル、中盤が中学2年レベル、終盤が中学3年レベルになっています。

 

いざ取り組んでみると、序盤はさすがに簡単すぎる。ほぼすべての文を瞬間的に英作文できます。

こりゃ簡単すぎたかなと思ったのもつかの間、中学2年レベルになるとふつうに負荷が強くなる。瞬間的に英作文できない文章も出てきます。

そして3年生レベル。この段階になると負荷が強すぎてほぼお手上げ状態。頭のなかで必死に英文を組み立てる、ふつーの英作文トレーニングと化してしまう。ぜんぜん瞬間英作文になってないじゃんってかんじ。

 

おそらく、中学2年生レベルの英語を完璧に瞬間英作文できれば、もう英語ペラペラといっていいレベルに達すると思います。

中学3年生の英語はレベルが高すぎる感がありますね。もしこのレベルを完璧に瞬間英作文できたら、英語が得意な知識人や超一流のビジネスパーソンに近づくと思います。

 

個人的な目標としては、中学2年生レベルの英語を完璧に瞬間英作文できるようになることですね。

英語のアウトプットにかんしては、そのレベルで十分かなという気がします。

英語学習

Posted by chaco