科学の本物理学

カルロ・ロヴェッリの『時間は存在しない』を読了。この前読んだ『すごい物理学講義』(河出文庫)が異常な面白さだったので、本書にも興味をもちました。

リンク

ロヴェッリはループ理論(相対性理論と量子論を結びつける試みのうち、超ひ ...

科学の本物理学

ブライアン・グリーンの『エレガントな宇宙』を読了。

超ひも理論(かっこ悪い名前なのでほんとは超弦理論と呼びたい)の啓蒙書です。発売は2001年。数ある啓蒙書のなかでも本書は先駆けではないでしょうか。

著者のグリ ...

おすすめの和書, おすすめの洋書, 洋書, 科学の本物理学

相対性理論と量子力学をいかに統合するか?

これを試みる量子重力理論のうち、最有力の一つと見なされているのがループ理論です。

『すごい物理学講義』(河出文庫)はそのループ理論研究の第一人者カルロ・ロヴェッリが一般 ...