おすすめの和書, 哲学の本, 宗教の本仏教

東洋哲学には、おもに3つの柱があります。仏教由来の思想、儒教由来の思想、そして道教由来の思想です。

東洋の哲学を学ぼうとするのであれば、まずはこの3つの思想を大まかに抑えておくことをオススメします。

それ以外の ...

哲学の本, 宗教の本, 洋書仏教

日本の知識人のなかで、海外でもっとも大きな影響力をもつ人は誰でしょうか?哲学者や科学者、文学者までひっくるめて、誰が最大の精神的影響を与えたか?

正解は、鈴木大拙です。

鈴木大拙は戦前日本を代表する仏教者。彼は ...

おすすめの和書, 宗教の本, 自己啓発・仕事術の本キリスト教, 仏教

特定の宗教の信徒でなくても、心の安定や精神の成長を求めて宗教書を読むひとは多いと思います。

僕自身そういう人間のひとりでして、宗教やスピリチュアル、あるいは精神医学など、精神に安定とやすらぎをもたらしてくれる良書をつねにな ...

哲学の本, 宗教の本, 読書仏教, 哲学史

立川武蔵『空の思想史』(講談社学術文庫)を読みました。

仏教の「空」の概念を中心に据えて、インド、中国、チベット、日本の東洋思想を概観する本です。

大まかな流れをつかむにはいいですね。ただし情報が圧縮されている ...