政治の本, 経済の本中国

『チャイナスタンダード』(朝日新聞出版)を読みました。

中国が世界に対して影響力を強めている様子を、現地での取材を通して解説した本です。

リンク

 

テーマになるのは政治、経済、テクノロジー ...

政治の本, 経済の本中国

ピーター・ナヴァロの『米中もし戦わば』(文春文庫)を読みました。

著者のピーター・ナヴァロはアメリカ大統領補佐官。トランプのブレーンとして、米中貿易戦争を主導している張本人です。

リンク

 

政治の本, 歴史の本中国

遠藤誉の『毛沢東 日本軍と共謀した男』(新潮新書)を読みました。

著者は物理学者にして中国問題の専門家という不思議な経歴の人。子どもの頃を中国で過ごしており、初等教育も中国で受けたようです。

リンク

本書の内容は ...

政治の本, 歴史の本, 経済の本中国

100年マラソンとは何か

マイケル・ピルズベリーの『China 2049 秘密裏に遂行される世界覇権100年戦略』を読みました。

原書のタイトルはThe Hundred Year Marathon。直訳すると100年マラソン ...

社会の本, 科学の本中国, 野口悠紀雄

経済学者の野口悠紀雄が書いたAI入門書です。

技術系の本とは異なり、AIが社会に対してもたらすインパクトを扱う点が特徴。

類書にない本書ならではの特徴は、第8章の「深刻な中国問題」ですね。中国におけるAI技術の ...

経済の本中国

中国のIT産業は今や世界トップクラスです。数年後にはアメリカを超えると言われており、一部の分野ではすでに超えています。

中国国内には中国版GAFAともいえるBATが君臨し、市場を牛耳っています。BはバイドゥのBで、中国版グ ...

科学の本, 経済の本中国

『テクノロジーの地政学』を読みました。最先端テクノロジーでしのぎを削るシリコンバレーと中国の動向を紹介した本です。

人工知能、次世代モビリティ(自動運転など)、フィンテック(金融)、小売り、ロボティクス、食テック(農業)の ...