おすすめの和書, 哲学の本, 宗教の本, 政治の本, 文学の本, 歴史の本キリスト教, ディケンズ, ハイデガー, 仏教

今ではそこらじゅうで見かける文庫という形態。

これを日本で最初に実現したのが岩波文庫です。ちなみにモデルはドイツのレクラム文庫。

背表紙の色によって次のように種類がわかれています。

青 哲学などの人 ...

文学の本ディケンズ, ドストエフスキー, 英文学

サマセット・モームの『世界の十大小説』(岩波文庫)を読みました。

自身も高名な小説家であるモームが、世界の小説からベストテンを選出し論じるという面白い本。

リンク

モームが選んだ10冊は以下の通り。

...

おすすめの和書, 文学の本ディケンズ, ドストエフスキー, 英文学

『世界の十大小説』という名著があります。

イギリス文学の人気作家サマセット・モームが、世界の小説からトップテンを選びおすすめしてくれる本です。岩波文庫で読むことができます。

リンク

ブックガイドとしても、一流の批 ...

おすすめの洋書, 哲学の本, 宗教の本, 政治の本, 文学の本, 洋書ディケンズ

初級編と中級編に続き、上級者向けの洋書を紹介していきます。

このレベルになると、多読の一環としてガンガン読んでいくことは難しいと思いますね。精読のテキストとして使うか、先に日本語バージョンを読んでおくか、どちらかにするのが ...

文学の本, 洋書ディケンズ

19世紀イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの名作『骨董屋』。

ドストエフスキーの『虐げられた者たち』など、本書から影響を受けた作品も多いといいます。

リンク

主人公の少女ネルとその祖父のふたりが、悪徳高利貸しの ...