文学の本, 歴史の本シェイクスピア, 英文学

世界最大の劇作家シェイクスピアのデビュー作がこの『ヘンリー六世』といわれています。

複数人で書いたとも言われています。実際、作中のテンションにムラがあるような気がしました。

僕が読んだのはちくま文庫バージョン。 ...

政治の本, 文学の本シェイクスピア

スティーブン・グリーンブラットの『暴君 シェイクスピアの政治学』(岩波新書)を読了。2020年の9月に発売されたばかりの新書です。

一昨年だったか、ドイツのメルケル首相が読んでいたことでも話題になった本。

岩波 ...

文学の本シェイクスピア, 英文学

コールリッジの『シェイクスピア論』を読了。英国ロマン派を代表する詩人コールリッジがシェイクスピアについて語った講演録です。

かなりレアな本ですが、昨年中古屋でたまたま見つけました。ずっと積ん読状態でしたが、グリーンブラット ...