文学の本, 読書オースティン, 英文学

リンク

ジェイン・オースティン最初期の作品『ノーサンガー・アビー』。オースティンの死後に発売された作品ですが、書かれたのは彼女の作家人生の初期の頃です。

僕が読んだのはWORDSWORTH CLASSICS(ワーズワース・ク ...

文学の本, 洋書, 読書オースティン, 英文学

ジェイン・オースティン6大小説の一角『分別と多感』。オースティンの作品のなかではあまり目立たないほうかもしれませんね。僕はいきなり原著で読みました。

買ったのは『高慢と偏見』『説得』そして

文学の本, 読書オースティン, 英文学

ジェイン・オースティンの最高傑作と言われることもある『エマ』。一般人気では『高慢と偏見』に劣りますが、批評家からの評価が高い点が特徴です。

リンク

僕が読んだのは岩波文庫版。まず言えるのは、「岩波文庫版で読むのはやめておけ」 ...